こんにちわ!
サラパパです!
よろしくお願いいたします。

    【 今日は何の日(1月5日) 】
1月5日(金)
魚河岸初競り。
各地の魚河岸で競りを開始する日です。
初競りですから、新年の初物としてご祝儀相場がつけられる。
今年はなんか大きなマグロが年末に水揚げされてましたよね。
すごい値段がつくのではないでしょうか。


セクハラ相談を受けました
女性社員から相談が来ました。
同じ係の先輩社員に可愛がられすぎてるとのことです。
「?」と思い、よくよく聞いてみると・・・。


彼女は今年採用の新採社員です。
大学を出て、22歳の元気な女性です。
いつもニコニコしていて、他の社員にも可愛がられています。


さて、困ってる対象の社員は59歳の男性社員。
役職は主任で、来年度末に定年退職の予定です。
彼女から見れば、「おじいちゃん」に見えてもおかしくはないですね。


その男性社員が、彼女に「お菓子」や「飴」、「飲み物(缶ジュースやペットボトル)」を必要以上にくれるんですって。
「困ったことはないか」、「仕事は進んでいるか」とかこまめに確認して来て、少しでも遅れているなら、即応援に入って片付ける手伝いをしてくれるそうです。


「親切ないい先輩」「面倒見が良い年配社員」って係内の他の社員には映っているのでしょう。
彼女が他の社員に相談しても、そのような答えが一応に返ってきて、まともに取り合ってくれないそうです。


少し悩んでいたそうで、セクハラ相談員の私のところに、意を決して相談にきたそうです。
昨夕は、彼女から事情を聞き、今日出勤の男性社員から事情を聞く予定です。


彼女も最初は嬉しかったんですが、あまりにも自分の感覚を超えていろいろとしてくれるようになり、逆に気持ち悪くなってきたようです。
「そんなん、贅沢や」って考える男性の方もいるかもしれませんが、こういったことに悩む女性は多いですよ。


先輩、それも世話になっている先輩から受けるセクハラは辛いし、長期間悩まされるんです。
女性も先輩後輩の間柄を壊したくないし、これまで受けた恩があるので無下に冷たくできないし。


数回話を聞くことになると思います。
お灸を据えなければならないことになるかもしれないし、諭して終わりという形もあります。
彼女は別に謝罪を求めているのではなく、そういったいき過ぎた行動をやめてもらいたいだけだからです。


こういった相談の鉄則は、①中立の立場で話を聴く。②事実だけをきちんと確認する。③争点を明確にする。④スピードを持って取り組む。


この4つのポイントは必ず守って、誠意をもって取り組みましょう。


よろしければポチッとお願いいたします


人気ブログランキング

新しくこちらにも登録しました。
よろしければポチッとお願いします。



にほんブログ村